ファイナンスの基礎知識 KNOWLEDGE

ファイナンスリースとは?

ファイナンスリースは主に設備導入手段、または設備等商品の販売促進手段の一つで、賃貸借やリースという一般的な概念の中で主に以下の特徴をそなえたものです。

ファイナンスリースの特徴

契約の対象物は利用者(以下借主)が選定
契約の対象物は借主指定のもので、借主指定の販売店(以下売主)からリース事業者(以下貸主)が購入してリースする。
フルペイアウト
リース物件の購入金額とリース取引にかかる諸費用のおおむね全部を貸主がリース料として回収するよう定められている。
中途解約禁止
借主からの申し出による中途解約が禁止されている。
物件の保守、修繕義務
貸主は物件の瑕疵担保責任を負わない。
瑕疵担保責任
貸主は物件の瑕疵担保責任を負わない。
滅失・毀損
借主が物件の滅失・毀損の危険負担を負う。

ファイナンスリース取引の流れ

Step1. 設備の選定

設備利用者が導入する設備を選定します。

Step2. リース契約

設備利用者はリース事業者と連絡をとり、契約手続き(見積・審査等)を行います。
契約では、設備利用者を借主、リース事業者を貸主、販売店を売主とします。

Step3. 物件引渡し

物件を借主が検収した段階でリース開始となります。

Step4. 物件代金支払

貸主は賃金を調達し、物件代金を売主へ支払います。

Step5. リース期間

設備の稼働により収益(効果)が発生します。貸主はリース期間中リース料請求、保険付保、固定資産税申告・納付等を行い、借主はリース料を貸主へ支払います。

Step6. リース期間の終了

リース期間が終了する3ヶ月前に貸主から借主へ連絡、契約期間終了後の取扱について取り決めます。

Step7. 満了処理

借主が、再リース契約による契約延長か返却を決定します。
返却の場合、貸主は物件の価値により、二次市場への売却、または廃棄を選択します。