ファイナンスの基礎知識

  1. HOME >
  2. ファイナンスの基礎知識 >
  3. オペレーティングリースとは?

ファイナンスの基礎知識オペレーティングリースとは?

オペレーティングリースは主に設備導入手段、または設備等商品の販売促進手段の一つで、賃貸借やリースという一般的な概念の中で主に以下の特徴をそなえたものです。

オペレーティングリースの特徴

1.契約の対象物は貸主が残存価額を見積もる
オペレーティングリースはリース期間終了後の物件の残存価額を貸主が見積もり、見積り通りにならない場合のリスクを貸主が負担する取引です、その為に貸主に見積り残存価額を算定する能力が求められ、対象物件に関する経験、ノウハウが必用なビジネスモデルということになります。

2.ノンフルペイアウト
オペレーティングリースは原則としてユーザーが必要とする期間だけ物件を使用する契約でフルペイアウトの要件はありません。

※ファイナンスリースは「解約不能リース期間中のリース料総額の現在価値が、借手がリース物件を現金で購入すると仮定した場合の合理的な見積金額(見積現金購入価額)のおおむね90%以上であるリース取引」と規定されています。

3.オフバランス
オペレーティングリースの対象資産は実質的に貸主の資産であり、借主の資産計上の必要はありません。

会計上の定義

【リース取引の分類】
ファイナンス・リース取引 ファイナンス・リース取引とは、リース契約に基づくリース期間の中途において当該契約を解除することができないリース取引またはこれに準ずるリース取引で、借手が、リース物件からもたらされる経済的利益を実質的に享受することができ、かつ、当該リース物件の使用に伴って生じるコストを実質的に負担するリース取引をいう。
オペレーティング・リース取引 オペレーティング・リース取引とは、ファイナンス・リース取引以外のリース取引をいう。