ファイナンスの基礎知識

  1. HOME >
  2. ファイナンスの基礎知識 >
  3. 割賦販売とは?

ファイナンスの基礎知識割賦販売とは?

割賦販売は設備や物件の販売(設備を導入する立場からは物件等の購入)手段で、販売(購入)代金の回収(支払)方法が賦払の形をとる契約形態です。
メーカーや販売店が自己資金で割賦販売することが基本概念ですが、ここでは、リース事業者等が販売店より仕入れて割賦販売するケースについて説明します。

割賦の特徴

1.対象物は割賦買主が選定
割賦契約は賦払いの形式で設備を導入する契約のことで、割賦買主が、契約の対象物と購入先を選定します。

2.所有権は賦払い完了後移転
契約期間中所有権は割賦売主が留保し賦払い完了を持って割賦買主に移転します。

3.オンバランス
割賦買主は物件の引渡しを受け検収をした段階で資産計上し、減価償却、固定資産税納付を行います。

4.物件の保守、修繕、保険付保
物件の保守、修繕、保険付保は割賦買主が実施します。

5.物件の廃棄
所有権移転後、割賦買主は物件が事業の用に供さなくなる等の場合に廃棄、または二次市場への売却を行います。

割賦契約の流れ