ファイナンスの基礎知識

  1. HOME >
  2. ファイナンスの基礎知識 >
  3. ファクタリングとは?

ファイナンスの基礎知識ファクタリングとは?

当社で取り扱うファクタリングは、複数の納入企業に対して買掛債務を持つ企業(買掛債務者)と当社(一括ファクタリング事業者)が、納入企業(売掛債権者)との三者契約を納入企業の数だけ締結して構築する、いわゆる一括ファクタリングという契約形態です。

一括ファクタリング

一括ファクタリング説明図
一括ファクタリング説明図

一括ファクタリングのメリット

1.非効率な手形払いを廃止することが出来ます。
買掛債務者と納入企業(売掛債権者)及びファクタリング事業者が提携し納入企業に対する非効率な手形払いを廃止します。
買掛債務者は、各納入企業に対するこれまでの手形決済期日にファクタリング事業者に支払い、ファクタリング事業者が各納入企業に支払います。

2.手形払い廃止による事務の合理化が図れます。
手形発行、期日管理、領収書取得等の事務削減ができます。
印紙税、手形郵送料等の経費削減ができます。

3.納入企業は手形受領にかかわる事務の削減、資金回収の効率化が図れます。
手形集金、領収書発行、取立事務の削減ができます。
手形取立手数料、領収書発行、取立事務の削減ができます。
手形の紛失、盗難の危険がなくなります。

4.納入企業は約定期日前に資金化が可能です。
納入企業はファクタリング事業者に連絡することで、売掛金の中から必要な金額を約定期日前に資金化することが可能です。