お知らせ

  1. HOME >
  2. お知らせ >
  3. 2012年1月、クラウド型の課金・決済プラットフォームの提供を開始します

お知らせ(2011.12.14)2012年1月、クラウド型の課金・決済プラットフォームの提供を開始します

東芝ファイナンス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:原岡 良明)は、従量課金、キャンペーン課金など多様な課金方式に柔軟に対応できるクラウド型の課金・決済プラットフォームの提供を2012年1月より開始します。
プラットフォームの開発は東芝ソリューション株式会社が担当。当社と共同でクラウドサービス事業者を中心とした企業に幅広く販売し、5年で380億円の取扱高を目指します。

※課金・決済プラットフォーム「BaaS」は、2014年9月末をもちまして終了いたしました。

当社は2012年2月1日、東芝ファイナンス株式会社の法人向け金融サービス事業を事業継承し、IBJL東芝リース株式会社として設立されました。2012年2月1日以前に発信されたお知らせは、「東芝ファイナンス」と記載されています。ご了承ください。