事例

  1. HOME >
  2. 事例 >
  3. リース・ファイナンス >
  4. 東京ラインプリンタ印刷様

事例:リース・ファイナンス東京ラインプリンタ印刷様業種:印刷
地域:首都圏

”電力の見える化”により工場のピーク電力削減を実現。
東京ラインプリンタ印刷様

東日本大震災の影響で実施された電力使用制限への対応に、東京ラインプリンタ印刷株式会社様は東芝ソリューションの『使用電力見える化クラウドサービス』を採用。
クラウドとリースの組み合わせでスピーディに導入を実現、使用電力量の削減という成果につながりました。

導入サービス:電力見える化

「使用電力見える化クラウドサービス」は株式会社東芝、および東芝ソリューション株式会社が提供するサービスです。
分電盤やコンセント単位でビルや工場施設の使用電力量を自動集計し、Webで情報を提供。リアルタイムで使用電力量を見える化します。

おかげさまで、制限以内のピーク電力削減を実現。待ったなしの状況で、迅速な対応に助かりました。


東京ラインプリンタ印刷株式会社

新技術開発 担当
次長
田中 輝仁 氏
迅速な導入と効果的な運用が何よりの課題

“電力見える化”で電力使用制限をクリア

震災の影響で実施されたピーク電力15%削減の使用制限。突然ともいえるこの制限に対応するため東京ラインプリンタ印刷様の羽生工場が導入したのが東芝ソリューションの『使用電力見える化クラウドサービス』でした。「初期コストが抑えられるリースとクラウドということもあり、スピーディーに導入でき、しかも効果的。導入の結果として電力使用制限のクリアだけでなく使用電力量を削減することができました」と田中次長は満足そうに語ってくれました。

印刷のクオリティを下げずに工場操業を最適化

印刷工場には簡単には節電できない理由があるという。「品質の高い印刷に温度管理は不可欠。エアコンを止めれば簡単に節電できますが、印刷工場ではそれはできません。そこでそれぞれの印刷機ごとの使用電力を“見える化”して電力使用状況に応じた工場操業の最適化に取り組むことにしたのです。その際、単に”見える化”するだけでなく、印刷機ごとの使用電力量の一覧表示や、電力デマンドグラフがWeb画面で表示されることにより、生産現場だけでなく、本社でも必要な情報をリアルタイムで把握、共有できる点がとても役立ちました」

社員全員で“見える”を共有

実は以前より工場の節電にはチャレンジしていたのだが、これまではうまくいかなかったのだという。「以前の取り組みは、なんとなくこうだろう、と感覚でやっていたところがありました。ところが今はどの機械がどのくらいの電力を使っていると明確にわかります。だから的確な対策がたてられます。“見える”ということは“わかる”ということで、社員にも取り組みが浸透しました」


使用電力見える化クラウドサービス

株式会社東芝および東芝ソリューション株式会社が提供するクラウドサービス。
分電盤やコンセント単位でビルや工場施設の使用電力量を自動集計しリアルタイムで見える化。使用電力量計測ポイントに設置した各センサーが収集した使用電力量の情報を、クラウドを経由することにより、Web画面で表示する他、デマンド電力およびその予測値によるアラームを検出し、eメールで発報。
IBJL東芝リース株式会社のリースで初期設備を導入することにより、イニシャルコストを平準化できることに加え、月々のリース料とクラウドサービス利用料の支払を一本化し、経理業務の効率化を実現。
※記載の内容は2011年12月27日取材現在のものです。
※記載の名称は各社の商標もしくは登録商標です。

東京ラインプリンタ印刷株式会社

ビジネスフォーム(帳票)印刷を母体として、可変情報印字からメーリング処理までの情報アウトソーシング事業を総合展開している印刷会社。
本社は東京都板橋区にあり羽生と東京に工場を所有している。