事例

  1. HOME >
  2. 事例 >
  3. リース・ファイナンス >
  4. 立川タカシマヤ様

事例:リース・ファイナンス立川タカシマヤ様業種:卸売・小売
地域:首都圏

リーズナブルに環境対策を実現。
立川タカシマヤ様

東芝のテクノロジーとIBJL東芝リースのファイナンスを組み合わせで、お客様のESCOへの取り組みをサポート。
空調機等の効率的運用により省エネルギーを実現し、環境負荷の低減に貢献しています。

導入サービス:ESCO契約詳細はこちら

ビル・工場・事務所などの省エネルギー改修工事に要する経費を、省エネルギー効果で実現する経費削減分で賄う事業です。
省エネルギー改修工事に伴い、省エネルギー効果を保証します。

リーズナブルに環境対策を実現。
高島屋環境方針に沿った確かな効果を期待。


株式会社高島屋 立川店

営業企画担当兼広報・IR室広報・IR担当
担当係長
船田 純代 氏(左)

高島屋ビルメンテナンス株式会社

立川営業所 所長
押野 雅光 氏(右)

快適さを損なわずにESCOを推進

貴社は環境に対する取り組みを以前より実施していらっしゃるようですが。

はい。2000年に「高島屋環境方針」を策定し、高島屋グループ全体で環境への取り組みを実施しています。リサイクル活動やクリーンエネルギーを採用している店舗もあります。立川店では2007年よりESCOへの取り組みをスタートさせました。

導入費用が実質0円ということは、いかがですか?

それは当然歓迎です。東芝さんとIBJL東芝リースさんがESCO事業者になるので、私共には費用負担がなく、環境対策が実現できています(シェアード・セービングス契約※2)。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)※3からも認定されていますし、願ってもないシステムですね。

※2 シェアード・セービングス契約
今回のケースではESCO事業者が省エネに必要な資金を負担する、シェアード・セービングス方式をご採用いただきました。このほか、お客様に必要資金の一部または全部を負担いただくギャランティード・セービングス方式もあります。

※3 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
新エネルギーおよび省エネルギー技術などの開発をおこなう経済産業省所管独立行政法人。
左:快適空調制御/右:HIS(ヒユーマンインターフェースステーション)
左:快適空調制御/右:HIS(ヒユーマンインターフェースステーション)

百貨店という業態は、他とは違うポイントがありますか?

社員なら少しぐらい暑い/寒いは我慢しろ、と言えるかもしれませんが、お客様に我慢をお願いする訳にはいきません。快適であることが大前提です。またお客様の来店数が増えると店内温度が上がっていきますので、気温や天候だけでなく、店内の込み具合なども考慮してコントロールする必要があります。こうした常に変化する状況下でも速やかに温度調節をし、さらに省エネにもつながるESCOに期待しています。
中央監視システム
中央監視システム

※ESCO事業とは
ビル・工場・事務所などの省エネルギーに関して包括的なサービス(資金調達、設備建設、設備所有、運転、保守)を提供し、そのお客様の省エネルギー効果をESCO事業者が保証する仕組みです。

Report from Toshiba −担当者の声−

理想的な環境対策

ESCO事業は、事業性だけでなく、地球温暖化対策などの環境面でも是非とも取り組んでいただきたいものの1つです。ESCO事業(シェアード・セービングス契約)スキームは、空調機器等の更新/コントロールでエネルギー消費を削減し、その削減できた費用で投資額や運用費をまかないます。つまりお客様は導入や運用のための費用を負担せずに環境にやさしいエネルギー削減を実現できるのです。お金もかからずに、環境にもよくなるわけですから、とても優れた仕組みだと自負しています。

快適空調制御※4でさらに効果向上

また、東芝には快適空調制御という技術があります。これは気温や湿度だけでなく、人の着衣量や窓への日差しの輻射温度など6つの情報を解析し、より人に快適な空調コントロールを実現するものです。この技術でより効果的なESCOをご提案していきたいと思います。
株式会社東芝 社会システム社
施設システム技術第二部
ファシリティソリューション技術担当 課長
金子 清貴(右)
施設システム技術第二部
ファシリティソリューション技術担当 課長代理
花田 雄一(左)
※4 快適空調制御
(1)温度、(2)湿度、(3)輻射温度、(4)気流速度、(5)人の活動量、(6)人の着衣量の6要素から快適指数(PMV値)を導き出し、効率的に快適さをコントロールします。
特許番号 第3049266号、第3361017号、第3751830号
※記載の内容は2007年5月11日取材時のものです。
※記載の名称は各社の商標もしくは登録商標です。

株式会社 高島屋

「いつも、人から。」
この経営理念には「高島屋で働く一人ひとりが思いやりや誠実さを持って行動し、グループを取り巻く人々との信頼関係を深め、『こころ豊かな暮らし』の実現を通じて、社会と共に持続的な発展をめざす」という思いが込められています。